おすすめのカードローンはこちら!

キャッシングの申し込みでFAXを要求されるケース

お金を借りるための申し込みには個人や収入を証明するための、公的な書類が重要視されます。申し込み用紙に自分で名前や数字を書き込むだけではなく、第三者がそれを確かなものだと肯定している、証明書を示す行為を経て初めて、審査を受けることができます。

キャッシングの利用にて、その証明用の書類が手渡しできず、データとしても送れないという時に、FAXの使用が要求されます。免許証のコピーを取って、それを原稿としてFAXしてほしいという指示です。

家庭にFAXがあるなら、そのFAXを使うことができますし、家の電話に機能が搭載されてないという時には、コンビニのFAXが便利な存在となります。自宅から一歩も出ずにキャッシングを利用しようと考えている人にとっては、コンビニへの外出もできるならば避けたい所ではあるかもしれませんが、現状証明を果たさずして申し込めるキャッシングは、基本的に存在しませんので諦めましょう。

FAXで問題なく書類が送れたら審査が行われ、審査で返済能力ありと判断されれば、晴れて借り入れ許可が下ります。面倒な行程のようでも、トラブルなく安全にお金のやりとりをするためには、準備をして正しく申請を終えることは大切なことなのです。


このページの先頭へ