おすすめのカードローンはこちら!

他社の借金を一社のキャッシングでまとめるとこんなにお得

お金を借りるということは、必然的に利息が発生するということになります。金利は金融業やによって様々ですが、例えばクレジットカードのキャッシング機能を利用した場合にはショッピング枠の利用時よりも金利の額が大きくなることが普通で、平均して18%程度の利息がかかります。

例えば2社から100万円ずつ、合計で200万円の融資をそれぞれ金利18%で受けた場合には、年額に換算して36万円の利息を支払う必要があります。もちろん残高によって返済額は下がりますが、合計200万円を借りた状態であれば利息だけで月額3万円を支払い続けなければなりません。

この利息の金額を減らすための手段として、新たなキャッシングを行うことは極めて効率的な手段になります。200万円のキャッシングを行い、借金をしていた2社に対してまずは全額を返済し、新たにキャッシングを行った会社だけにお金を返済していくという方法です。

新たなキャッシングをする際の金利条件が15%だとすれば、差額の3%が丸々浮くという計算になります。これまでは利息だけで年間36万円の返済が必要でしたが、200万円に付く15%の年利は30万円ですから、年間で6万円も返済額を減らすことが可能となるのです。


このページの先頭へ