低金利のカードローンに変えられるなら変える

実際に経験していることですが、低金利に設定されているカードローンと契約できるようなら、変えてしまったほうがいいです。そのほうが返済額はかなり減ってくれますし、金額としてもかなり余裕を作ることができるからです。低金利のカードローンを利用していることで、キャッシングで支払っている金利より、3%くらい抑えられる可能性もあるので、どんどん実施していくといいでしょう。

実際に借り換えというものを行うのは大変ですが、契約さえできてしまえば、早々に借りて前の会社の分を返済しておけばいいのです。実際に体験してみた感じでは、返済自体はすぐに行えるようになりますし、結構簡単に手続きが行えるのは間違いありません。ただ借りられる会社の状況によって変わってしまいますし、用途を最初から借り換えとして提示しておかないと、利用限度額の影響を受けてしまう可能性があります。

限度額が高くなってしまうと、借り換えの実施は不可能になってしまいます。高い金額に設定しておきたいなら、最初からキャッシングではなくカードローンでもいいですが、後からカードローンに切り替える方法も問題はなく、借り換えによって返済が減らせる可能性も結構あります。

このページの先頭へ